最近買ったゲームが面白すぎた話。

『Detroit:Become Human』

一気にプレイしてしまいました。
めちゃくちゃ楽しかったです。

アンドロイド(人間そっくりの機械)が
便利道具として普及した近未来のアメリカ
の都市が舞台で、

意思が生まれたアンドロイド(変異体)の
三人のキャラクターの物語を
プレイヤーの意思によって
選択し
紡いでいく
といった内容のゲームです。

ゲームはそこそこ時間もお金もかかるので、
おすすめ!とかやってください!というのは
言えないのですが、もう筆不精の私がブログ
で書いちゃうくらい好きな作品になりました。

感情を持った機械がテーマというと心とは?
みたいなお話になるのかな~?と思って
いたのですが、この作品で言うアンドロイド
の扱い方は人種差別とか奴隷制度の問題
の方が近いのかな?と思いました。

そんなストーリーも世界観も大好きなのですが、
私が強く心惹かれたのはゲームシステムと
主要キャラクターの一人
アンドロイド捜査官のコナーです。

もう、コナーの為のゲームと言っても
過言でない(断言)

コナーは完全無欠
(プレイよってはポンコツになる)
のアンドロイド刑事なのですが、
イトウさんでおわかりの通り、
私はこの手の背広キャラが大好きです。

プレイヤーの選択によって、コナーが
全く別の要素を持ったキャラクターになる
ので、そのゲームシステムがまた楽しい!

アンドロイドのコナー
彼は感情を持たない”機械”なのか?
他者への優しさや愛を持った”人間”なのか?
それはアナタ(プレイヤー)次第です!

一言で言うとコナー萌える!!

という雑談でした。

相棒ハンクとの関係がたまらん…!

ストーリーの方も、もっと感想あるのですが
そこはネタバレになるし結構重いので割愛。

あ~ゲームは楽しいな!

水木しげる先生が創作は面白いを食べたあとに
でるう●こだ的なことをいっておられました。
いっぱい面白いを食べたい!

追記:
掲載情報のおまけの雑談にしては、
長すぎたので雑談カテゴリー作りました。
なにか熱い気持ちを持て余した時に使います。
お付き合いくだされば幸いです。